Chihiroblogちひろブログ

「第114回 親鸞の集い」コンサート北九州市門司港にて

2022/09/21 コメント (0)


コロナ禍の影響で3年越しで開催となった、

北九州市門司港での「第114回 親鸞の集い」。

お客様も主催者の方々も、そして出演者も、

待ちに待った開催という空気が会場いっぱいに広がっていました。

 

 

なんと司会は、テレビやラジオにも出演されているこの門司港出身の僧侶、

川村妙慶さんでした!

地元ということで、毎回司会をされているとのことですが、

私は川村妙慶さんとは2008年に大阪で、2010年の光市での共演依頼、12年ぶりの再会、

控室で「きゃー!」と喜びのハグをしたいところをグッと我慢でした(^^)/

 

 

コーラスでは、私作曲の「歎異抄」の歌からも1曲歌ってくださり、感動しました!

 

 

そして、コンサート。

 

 

 

 

このアングルはスタッフMさんが撮ってくださいました!

珍しい、舞台袖からの一枚。

とても素敵な雰囲気で、なんだかスタッフさんの見守ってくれている眼差しを感じます(#^^#)

 

 

最後は浄土真宗の宗歌「恩徳讃」を、私がソロで歌い終演。

通常は、会場の皆様全員で歌うところですが、

コロナ禍ということで、そのようになりましたが、

ソロの恩徳讃、歌い終わると拍手が起こりました。

大好きな歌なので、嬉しかったです。

 

会場には、これまでにご縁をいただいてきた

沢山の北九州のお寺様もおられ、

本当に嬉しい再会いっぱいの一日となりました。

 

コロナ禍でストップしていた再会が一気に叶い、

改めて、コロナ前にどれだけ有難いご縁をいただいてきたことかと、

心に喜びが溢れてきました。

 

少しずつですが、こうしてコンサートが戻ってきて、

一喜一憂でもありますが、

でも、やっぱり、この喜びは大きいです。

 

有難うございます。

 

門司港の皆さんの温かさ、

この日も心に刻まれました。

 

 


コメントを投稿する

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

PageUp

Translate »