Chihiroblogちひろブログ

11/22「おたがいさま下関」10周年記念コンサート

2024/01/12 コメント (0)


新年を迎えて、2週間が経とうとしていますが、

今年は私自身、金子みすゞさんの詩を歌って20周年を迎えたので、

今まで以上に活動していく気持ちで新年早速フル回転な状態で頑張っています(^o^)丿

 

そんな中このブログでコンサートの様子をご紹介する中身はというと・・・

まだ11月を駆け抜けております(笑)。

 

ということで、11月22日にご縁をいただいた、下関でのコンサートです。

 

「コープやまぐち」の下関センターでは

有償ボランティアの形で、困っている方々のサポートをする

「おたがいさま下関」という団体があります。

その10周年を記念してのコンサートのご縁でした。

 

 

下関市の海峡メッセ9Fにはこの素敵なホールがあります。

波を打っている天井が下関らしいですね♪

 

 

この下関市で金子みすゞさんは詩人デビューしました。

そこから今や世界に広がっているみすゞさんです。

なので、この日のコンサートのタイトルは

「下関から世界へ~金子みすゞの心とともに~」

 

 

 

「私と小鳥と鈴と」では「みんなちがって、みんないい。」の心、

違いがあるからこそみんなそれぞれの役割がある、

違いがあるからこそ助け合うことが出来る、

それぞれの立場の思い、考え方、価値観など、

相手の立場に立って想像することが大切、そのようなこともお話し、

この「おたがいさま下関」を利用している方や、提供している職員の皆様お互いの立場を

双方が理解し合うことが大事ですね、と、その思いを分かち合いました。

 

 

「明るい方へ」では自然発生的にこの雰囲気になって(^o^)丿

 

 

会場が一つになって、感激のひとときでした。

最後の歌、マザーテレサが大切にしていた言葉を歌にした「メッセージ」では、

涙される方もいらっしゃって、終演後もこの歌に感動したとのお声が多数ありました。

 

 

とても大きな花束もいただいて、

 

 

控室でも記念に撮りました♪

 

とても嬉しいご縁でした。

みんなそれぞれに人生の歩み方は違いますし、

言ってみれば持って生まれてきたものや環境は全て違います。

でも、大切にするべき心、そして人生のゴールは同じなんだと思います。

 

だからこそ、それぞれの道で学ぶ大切なことを分け合って、

お互いに吸収しあって、活かしていくこと。

同じ思いを大切にしている同志の存在を心に、それぞれが頑張っていくこと。

そこに人生の醍醐味がある。

この人生、だから、生き甲斐があります。

 

コープやまぐち様とは幼少期からご縁があります。

まさかこうして、自身の活動と重なり合って、

深いご縁をいただくこのような有難い機会に恵まれるとは

子どもの頃には想像もしていなかったこと。

 

これからも、一緒に歩んでいけたら嬉しいです。

 

本当に嬉しいご縁を有難うございました!

 


コメントを投稿する

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

PageUp

Translate »